HOME > エッセイ集 > 私の健康法

月刊メディカルサロン「診断」

私の健康法月刊メディカルサロン2009年7月号

診療現場の在り方に不満を感じ、自らメディカルサロンを創業して早いもので丸17年が経過しました。この17年で後世に残せる何を成し遂げられたのだろうか、ということを考えると忸怩たる思いにとらわれます。診療現場の改革から始めて、いつの日か医療構造の抜本的改革を実現させたいと願っていましたが、まったくたどり着いていません。

一時はこの調子で行けば、少なくとも国民皆保険下の医療体制の中に「健康保険で行えない医療」「健康保険を使うべきでない医療」を実施しえる医療組織の一群を完成できそうになりましたが、政府の横槍でそれも潰えています。

そんな中ですが、「健康管理学」という学問創設に関しては、一定の成果を上げられてきたように思います。寿命管理学、体調管理学、容姿管理学の三態を基本とする体系的分類とそこから発生する健康手法論は、振り返ってみると莫大なコンテンツになっています。

28歳で創業した私ですが、いつのまにか45歳になり、まもなく46歳になろうとしています。食生活の制限や、「あれはダメ、これはダメ」の健康法を決して採用したくない私が実際に行っている健康法をお話してみようと思います。

  • 朝食は抜いています。夜の飲食制限をしない私が、朝食を食べるとすぐに太ってしまいます。
  • 医療用食欲抑制剤『マジンドール』をときどき利用します。体重が増え、運動する気力がなくなったときが使い時です。数日しか利用しませんが、その数日で1~2kg体重が減るので、運動意欲が湧き、増え続けそうになった体重が落ち始めます。
  • EPAサプリメントを必ず摂取しています。EPA体質の重要性を誰より把握している私は『メディカルサロンのEPA&DHA』を1日4カプセル。中華料理や揚げ物、肉類を食べに行くときは、直前に10カプセルほどを一気に摂取する事もしばしばです。大安心してグルメに励めます。
  • ゴルフを再開しました。やはり、週に1~2回ゴルフをすると身体が軽くなったように感じます。俗的な表現ですが「キレがよくなる」というのを実感しています。
  • グルコサミンサプリメントを摂取しています。40代半ばになり、膝に違和感がでることがしばしばです。持続的なひざの痛みを感じている人の不幸な悩みは日頃たくさん聞いていますので、全身の軟骨の防御には人一倍意識するようになりました。軟骨の衰え防御には、グルコサミンがベストチョイスです。
  • βグルカンのサプリメントを頻繁に摂取しています。ちょっと何かに集中して、真剣に取り組むと口内炎ができるという弱点を持っていますが、βグルカンを摂取するとできなくなります。
  • 成長ホルモンの舌下投与スプレーを水、木、金、土曜に利用しています。診療現場で舌下スプレーのデモンストレーションをしていますから、当然のように頻繁利用になるのですが、水曜日から土曜日に向かって徐々に気力と集中力が高まるのは、これのおかげと思っています。
  • 日中、必ず仮眠を取ります。10~20分までが正しい仮眠です。頭が冴え、仕事の効率が高まります。私が莫大な仕事量をこなせるのは、仮眠のおかげといっても過言ではありません。
  • 夜は11時から12時頃に寝ます。朝は自然に5時から6時に目が覚めるので、朝のうちに一仕事します。この原稿もその時間に書いるのですが、朝は一日の雑念が入る前ですので執筆が進みます。
  • 日中、サラくわ茶を頻繁に飲んでいます(父が糖尿病なので予防を兼ねています)。
  • 日・月・火曜日が私の休日ですが、たいてい温泉三昧にしています。その目的で伊豆にリゾートマンションを購入しました(今の時代、格安で購入できます)。肩こりや腰のハリが取れ、ゴルフで日焼けしても肌の調子がいいのは温泉のおかげのように思えます。

以上、私が日課として採用している健康法です。

ゴルフと温泉三昧のお仲間募集中ですので、男女を問わずゴルフをされる方は「年をとってもおしゃれを楽しみ、恋を楽しみ、スポーツを楽しみ、コミュニケーションを楽しみ・・・」を実現するシンボルとしての「メディカルサロン・ゴルフの会」にまずはご参加ください。おっと、趣旨がそれてしまいました。では、皆さんのご健康を祈っております。

エッセイ一覧に戻る